メニュー

鼻の症状(鼻みず、くしゃみ、鼻づまり・鼻血など)

鼻

おもな症状

鼻みず(鼻漏)

さらさらの水っぽい鼻漏と粘調な鼻漏と黄色い鼻漏があります。

さらさらの鼻漏は主にアレルギー性鼻炎、花粉症で生じます。抗ヒスタミン剤という内服薬で治療します。加齢に伴う鼻炎や温度に敏感になる鼻炎で生じる場合もあります。

粘調な鼻漏は時として後方に流れ込み後鼻漏となって喉に絡みます。慢性副鼻腔炎(蓄膿)の場合が多く、抗生物質を用いて1〜3ヶ月間内服治療を行います。

黄色い鼻みずは膿の鼻漏であり、急性またはひどい副鼻腔炎(蓄膿)の場合が多いです。頬や目の間に痛みを伴うことがありますので放置せず耳鼻科を受診して下さい。

くしゃみ

連続して頻繁に出る場合はアレルギー性鼻炎、花粉症が考えられます。抗ヒスタミン剤の内服で症状が緩和します。

鼻づまり(鼻閉)

鼻閉には鼻漏がたまって鼻が通らない場合と鼻の中の粘膜が腫れて鼻が通らない場合があります。また、生まれつき鼻の中が狭いため常に鼻がつまっている場合があります。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿)がひどいと鼻漏が多く鼻づまりが引き起こされます。内服薬で治療します。

アレルギー性鼻炎で鼻の粘膜が腫れた場合は点鼻薬などで治療します。

鼻中隔弯曲という状態で生まれつき鼻の中が狭い場合があります。手術治療で改善が期待できます。

鼻血(鼻出血)

鼻の中をティッシュや指で傷つけて血が出る場合が多いです。

抗凝固剤を内服しているとなかなか止まらない場合があります。また、鼻の中の悪性腫瘍で出血する場合がありますので、傷つけた記憶が無いのに出血する場合は精密検査が必要です。

臭いがしない(嗅覚障害)

ウイルス性のかぜの後に発症する場合が多いです。ひどい副鼻腔炎(蓄膿)で生じる場合もあります。内服薬や点鼻薬で治療しますが難治な場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME